« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »

あし@

面白いサービス発見です!

その名も『あし@

mixiの足あと機能のように、自分のブログにも足あと機能を付けられるというもの。

このサービスを利用してから、いろんな人がブログに来てくれるようになり、アクセス数が急上昇↑

来てくれた人のブログにもリンクできてブログを見るのが楽しくなりました♪

あし@』、お薦めです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

050あんしんナンバー

050あんしんナンバー」というサービス。

ちょっと気になってます。

050あんしんナンバーは普段使っている電話番号の代わりに「050番号」を使うことで、これまで発信者と着信者の2者間のやり取りだったものを、第3者が仲介し、間接的に繋ぐサービスです。

実際には、メッセージセンタが一度応答して、メッセージを預かり、着信があったことをメールで知らせる。または、普段使っている電話番号へ繋ぐというものです。

オプションとして番号非通知拒否サービスがセットになった「050あんしんセット」にすると、非通知着信拒否と指定番号着信拒否もできます。

これにより、自分の電話番号を知られずに、懸賞に応募したり、会員登録できたりします。

しょっちゅういろいろなところに登録したりポイント獲得に精を出している自分としては、なかなか面白いサービスだと思います。

iMiネットのポイントファクトリーなど、獲得ポイントは大きいが登録するのに電話番号を入力しなければならない場合が結構あります。

極力個人情報を晒さずに、できる範囲でお小遣い稼ぎをするというのがモットーなので、電話番号を入力しなければならない案件には手を出さずにいました。

このサービスがあれば、このような案件からもポイントを稼げそうです。

これまで、いい意味で気になるところについて書きましたが、悪い意味での気になるところについても触れます。

最初はいいけど、このサービスが広まった場合、会員登録するときに、「フリーメールでは登録できません」のように「050番号では登録できません」と設定されたら意味ないんですよね。

もうひとつ。

このサービス、結局のところ、着信の連絡がメールで来るので、“あんしん”だからといってむやみやたらに電話番号を晒すと、頻繁に着信連絡メールがくることになります。

このメールが結構ウザそうです。

指定番号拒否できるといっても、業者の番号はコロコロ変わるから対応しきれないし。

050あんしんナンバー」といっても、100%の“あんしん”はありえないという認識を持っていなければダメですね。

せっかくのサービスですから、有効に利用したいものです。

[この記事はプレスブログからの情報を基に書いています]

| | コメント (0) | トラックバック (1)

麻雀上達コミュニティ「何切る!?」

麻雀上達コミュニティ「何切る!?」に登録しました。

ある一場面だけを見せられて何切る?と問われてもその麻雀の正解を導く事はできないと思います。

麻雀には状況があり、流れがあり、ツモのリズムがあるわけですから。

何切る問題は単純に牌効率と手役の高さだけを考えるゲームみたいなもんだという認識です。

まぁそれはそれで面白いってことでw

とりあえずやってみた自分の回答一覧です。

まだ回答数が少ないけど、だいたい多数派意見かな。

同じ問題を違う回答で答えているのは試しにどうなるかやってみただけですw

コメントがないのはめんどくさかったから(爆)

何切る問題も面白いけど、このサイトの手配画像ジェネレーターが便利。

マウス操作だけで簡単に手配の画像を作ってくれるという優れもの。

早速これを使って画像を作ってみました。

↓実際にあった手配です。何切りますか?

Tehai1_3

状況は東1局。北家。

これまでの捨て牌は、

PeiHatuPin2Sou3Sou4

三索、四索は手出しで、三色と一通を両天秤にかけて落としたところです。

萬子のツモが好調で、場には親が一萬と九萬を一枚ずつ切ってあるだけの萬子の高い場です。

続きを読む "麻雀上達コミュニティ「何切る!?」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

iMiから入金です

やっときました。

登録してからポイント溜まるまで結構時間かかったけど、ドバッと一気に2000円♪

iMiはデカイ。

1ポイント10円の還元率は魅力的です。

でも、よく考えるとマクロミルはこれまで500円4回の入金。

結局同じか!

電話番号とか住所とか、極力個人情報を晒さずにポイントを稼ぐことを考えれば、やっぱりマクロミルがやりやすい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »